地方在住者の厳しい生活環境

私は現在、実家の鹿児島市に住んでいます。一年前まで東京に20年以上在住していましたが、実家の事情によりUターンしました。賑やかな東京と比べると喉かで落ち着いた雰囲気で癒されますが、現実問題として雇用情勢が厳しく、求人倍率0、6倍という有様です。

私は東京在住時からフリーランスとしてパソコンを使ってデザインやライターの仕事をしていましたが、生活にメリハリをつけるためにアルバイトをしていました。東京は求人も多く、アルバイトならすぐ職にありつける環境でしたが、鹿児島では正社員はおろかアルバイトでの採用も厳しいのです。

鹿児島に戻って何社かアルバイトの面接を受けましたが、すべて不採用となりました。年齢もありますが、採用人数に対して求人が圧倒的に多く狭き門となってしまっています。

私の周りの知人、友人もなかなか職を見つける事が出来ず、諦め半分でハローワークに通っています。地方の厳しい現状を鹿児島に帰ってきて実感しています。テレビでは株価高騰で景気浮揚と賑わっていますが、実感できる景気回復を今後期待したいです。

カテゴリー: 日記 パーマリンク