中学時代の同窓会に行ってきた話

今考えてみると、学生時代で一番に楽しかったのは中学校時代です。
この時の同級生や仲良くしていた友達などは一人も交友がありませんでした。
自分が出不精というのもあるの、特に強く感じてしまうのかもしれませんが。

きっかけは自宅最寄り駅で偶然にあった中学時代に仲良くしていた女子です。
たまたま目があって相手から話しかけてくれたのが最初です。
そして近況などを報告しあってメアド交換したのが始まりですかね。
もちろん相手は結婚しています。話によればほとんどの同級生は
結婚されて子供もいる方が多いとか。。
それに引き換え自分ときたら。。。
…絶対に突っ込まれるだろーなと…それが嫌ではじめは同窓会のお誘いを
いい返事を返することができませんでしたが…なんだか旧に、みんなの代わり具合が
見たいなというのが正直な気持ちで参加することに。

全然、変わらない人もいれば、まるっきり見た目がわからない人など
様々いました。
でもあの人がこんな仕事をしているんだ…とかなんだかそのギャップに驚いたり
納得したり。なんだか不思議な感覚でしたね。
まぁ自分も同じように思われているのだろうけど。

カテゴリー: 日記 パーマリンク