結局は人の気持ち次第

自分の仕事は商品を売ることです。
対面してお客さんの反応を見ながらいかにして購買へと
つなげていくか。。これが何年やってもなかなか身につかない。

中には、販売のプロかというほど、1年でものすごく上達する
人もいるけど、それっていわゆる才能なんだなと思ってます。
なんだろ、販売員って、多少のずる賢さというか、調子の良さ
って絶対に必要なんだなと思う。
昔クラスに一人はいたお調子者。あんな感じ。

だけど、やっぱり結局は商品を購入するのはお客さんだから
いかにしてお客さんの心を動かすかです。
いろんなお客さんがいるから、コチラとしても難しい部分もあります。
ちょっと見学程度で見に来た人、いろんな商品の比較をしている人、
すでに購入すると決めていて最終の確認を行っている人。

もちろん、上司には買う気満々の人を常に意識していて、
接客しないさとは言われています。
ただ、自分がお客さんの立場だと、結構販売員って鬱陶しのですよねw
お客さんが必要であれば自然と販売員に声をかけるしさ。
だから今時、ノルマとか個人成績とかいってる店舗は
どうかと思うんだよな。
最終的に店舗の利益が上がればよいのですから。

カテゴリー: 日記 パーマリンク