結婚は難しいのよね。

ここ数年、友人たちの結婚ラッシュが怒涛のごとく続いています。
女性も30過ぎると理想の男性像を捨てて、手堅く結婚相手を
決めるようです。
相思相愛でお互いが100%の理想像で結婚するカップルと言うのは
とてもうらやましいですよね。

ただし、そんな結婚の場合でもお互いの家族や親類関係の
事は知っておかないと後々、困るかもしれないのです。
もちろん、婚約者となる相手のこともそうですが、やはり結婚となると
家と家の問題になってきますから、まずは最低限、両家の家系図は
必要になってくるでしょうね。


最近では嫁に出す娘をもつ親側が婚約者となる男性の将来性はもちろん、
その家族や親類のことまで調査するのだそうですね。
自分の周りには結婚前に身元調査をする人は聞いたことがないですが
もしも親の立場となった時に、そのような行動にでるかといえば
出るのかもしれませんね。。

昔と違って入籍の順番も前後しているのも関係しているのかもしれません。
婚約してから結婚、入籍というのが一昔前までは常識でしたが
今では、逆に入籍を済ませてすでに結婚生活を始めているという場合も多いですからね。
そして最後に結婚式を挙げるというパターンですね。
なにはなくとも、婚約前かもしくは交際中に調べておくのが一番でしょうね。

カテゴリー: 日記 パーマリンク