五月病なのかな!?

五月の連休が終わるころから、だるさや気持ちの落ち込みに悩む五月病になる人が増えていると言われています。
五月病はいわゆる適応障害という症状に分類されます。
適応障害というのは、簡単に言えば新しい環境になじめず精神的疲労を感じる状態ですね。

四月は入学や入社、異動、引っ越しといったように大きく環境が変わることが多いです。
するとはじめは希望や期待で突っ走っていたのに、少し周りが見えてくると「このクラスは自分には合わない」や「この仕事は自分には向いていない」、「この人たちとは上手くやっていく自信がない」などといったストレスが生じ、次第にそれがどんどんと大きく膨らんで、うつ病に似た五月病になってしまうというわけです。

こんな五月病にならないためにはどうしたらいいのでしょうか?
一つは、今の自分をゆっくりと見つめなおし、リフレッシュさせてあげることです。
ゆっくり読書するもよし、気の合う人に悩みを打ち明けるのもよし、とにかく一度立ち止まってみましょう。
そして二つめは、規則正しい生活を心がけることです。
バランスのいい三度の食事と十分な睡眠時間をとりましょう。
眠る時間が遅いと、五月病は悪化していく傾向にあるようです。
あまりに悪化した場合は、専門医を受診する勇気も必要ですね。

カテゴリー: 日記 パーマリンク