Jリーグが前・後期制にもどる

サッカーの話しです。

どうやら観客動員数の頭打ちを解消するために、
リーグでは前期優勝と後期優勝制を復活させるおつもりらしい。

はたして、これで客は増えるのか???

答えは×だと思う。

ただ盛り上がりを見せるのか?

については、イエスだとも思う。

ただ、盛り上がるのは固定のサポーターであって、
巻き込まれる一般の方々ではない。

運営側がどこを見ているか? が問われる部分だろうが、
始まった時の熱狂にも似た興奮は、
もはや無理な話だと思う。

ただ、チーム数は40を数え、
それぞれのチームがプロ選手を抱える状態は、
底上げとしては素晴らしく、
これを、どう発展させ、実を結ばせていくか?
を問われる時期に差し掛かったのだと思う。

お金を持っている浦和のようなチームが、
あまり持っていない大宮や仙台に負ける姿というのは、
地元のファンとしてはたまらないだろうし、
それを糧に、お金のあるチームは補強して強くなっていけばいいのだと思う。

伝統のあるジェフや一時リーグを代表するようなチームだったヴェルディが、
j2常連になってしまうほど、内部の闘いはし烈だ。
こういう取り組みが若い人の心に届けば、
自然とリーグは熟成していくのではないだろうか。

カテゴリー: 日記 パーマリンク