台風の恐怖

日本って本当に台風が多いですよね、今年も大型の台風がじゃんじゃん来て、天気予報を見ながらヤキモキした人もたくさんいたでしょう。台風って、大型大型と騒ぐ時には意外と被害も少なく終わったり、小ぶりだと高をくくっているとすごい暴風雨に見舞われたりと、なかなか読めないですよね。

実家では台風が近づくと、父親が張り切って木の棒で窓を固定したりするんですけど、たいてい父が張り切った時はほとんど被害はショボイ感じで終わります。まあ、被害が少ないのはいいことなんですけどね。でも子供の頃は、学校が休みになるからうれしかったり、外がゴーゴーいっているのが非日常的でドキドキしたりと、ちょっぴり台風が楽しみでしたね。

伊勢湾台風を経験している母親に、そんなことを言うと「とんでもない」なんて言われちゃいますが。母が子供の頃に経験した伊勢湾台風は、最悪の被害を出し、幼い頃の母の記憶にも恐怖の思い出として残っているようです。今ほど家も丈夫ではなかったので、暴風雨の中、家の柱を無我夢中で支えたそう。
やっぱり台風を甘く見てはいけないですね。

コチラの記事も読んでみる?
脱毛エステとサロンって何が違うのか?

カテゴリー: 日記 パーマリンク