くだものの王様

最近果物を食べることにしています。
理由はなんとなく、体によさそうだから(笑)一人暮らしをしていると、なんだかんだで栄養は偏っている気がするし、かといって一日に食べる食べ物の種類を増やすって結構大変。
そこで思いついたのが果物を取り入れるということ。

理由はなんとなく、お手軽だから(笑)ということで果物売り場をのぞくようになった私なのですが、果物って案外高い。
しかも、お手軽と言っても何かにつけて面倒くさがりやの私のこと、洗ったり、ナイフで皮をむくのすら面倒なことに気がつきました。
さて、今までは「一番好きな果物は?」と聞かれれば「巨峰」と答えていた私。

しかし、巨峰はいかんせん皮をむくのがめんどくさい、あと手がべたべたに、歯がざらざらで気持ち悪くなるという難点がある。
(あのざらざら感の正体は何なんだろう?)そんな私にとって果たして巨峰が果物の王様となりうるのだろうか。
否。

人を外見だけで判断してはいけないのと同様に、果物を味だけで判断していいはずがない。
ではキング・オブ・ザ・フルーツはなんなんだろう。
人に何と言われてもいい、私だけの王様とは、、、値段が手ごろで、食べる手間もかからず、美味しくて、健康にもよさそうな果物、、、あるじゃないか。

そう、みかん。
思えばみかんって素晴らしい。
なぜって?常温で保存できるから、いつでも身近に置いておける。

携帯にも便利。
旬の時期だとお手ごろ。
皮も手でちゃちゃっとむくだけ。

そして何より、美味しい。
庶民的な落ち着く美味しさ。
なぜ今まで気がつかなかったんだろう、果物習慣をはじめる前から身近にあったみかんという王様の存在に。

次に誰かが私に好きな果物を聞いたらこう答えるだろう。
それは、みかんだと。

カテゴリー: 日記 パーマリンク