災害時の薬の備え

災害時の備えとして、
非常袋を備えている家庭もあるかと思いますが、
薬は入っているでしょうか。

たいてい、非常袋に入れる薬関係といえば、
絆創膏や消毒薬、ガーゼや包帯など、
主に怪我を想定したものの事が多いと思います。
確かに、怪我に備えることも大事ですが、
内服薬を準備しておくことも同じくらい大切かと思います。

避難所ではどうしても狭い部屋に沢山の人が入ることが多く、
風邪などに感染しやすくなります。
また、災害時はお店が閉まっていることがほとんどですから、
薬を買うこともできません。
そんな中で誰かが病気に感染すれば、
あっという間に広がります。

大規模災害であれば、DMATとよばれる医師や看護師の部隊が派遣されますが、
それでも実際に被災地に入るまでには時間がかかります。

そんな時のためにも、
普段よく飲んでいる、風邪薬や胃腸薬などを準備しておくことは大切だと思います。
ただし注意する点は、薬にも消費期限があります。
年に1度は点検することをおすすめします。

カテゴリー: 日記 パーマリンク